FC2ブログ

~かりんぼっくでいず~

日々のつれづれ、想い出、できごと、そして大好きなお人形やグラスワークの話などなどを気ままにつづっていこうと思います。



葉っぱの本 :: 2008/01/12(Sat)


届いた、届いた~!
ことし最初に買った本だよ
(届いた…ってことは、Amazon経由です(*^。^*)ぽっ)






葉っぱの本たち

あはは、心が洗われる葉っぱの本って書いてあるねぇ☆ 洗って、洗って~♪










なんにちか前の天声人語でちょっとこの本に触れてあって
天声人語だから写真もなにもないんだけど
数行の文を読んだとき、なんだかピピンと響いちゃって
さっそく検索検索、カートにポイ、他の本も良さそうでついでにポイポイ。
3冊まとめてお買い上げ~~~…してしまった(^_^;)アセッ
Amazonの思うつぼ…(;-_-)




葉っぱの本です。




ボタニカルアートっていうんでしょうか、とってもきれいな細密画もすてきなんだけど、
なによりどうして欲しくなっちゃったかっていうと、
この群馬さんっていう人、落ち葉の中に物語を見るっていうんです。
1枚の葉っぱの中にいろんな歴史?過ごしてきた時間が刻み込まれてるって。
葉っぱたちがなにを語っているのか。
どんなふうにそんな葉っぱたちのことばに耳を傾けているのか。
それが聞きたくて、とっても楽しみで、つい飛びついてしまったのじゃ。



虫食い葉っぱ


この葉っぱは
3匹のアオムシたちの共同作品だそうです♪
てっぺんに小鳥がのっかったレース模様。
これが絵なんだから…びっくり☆
きっと、アオムシたちのムシャムシャおいしく食べていったあとを、愛おしくなぞるようにして描いていったんだろうね。
















群馬直美さん
木の葉の美術館(1998年初版発行)
木の実の宝石箱(2002年発行)












↓ 街路樹葉っぱの詩(2007年11月発行) ↓




街路樹の本






普通の植物図鑑や葉っぱの図鑑と違って、これは街路樹のお話。
街の中で一番親しみのある街路樹の本だなんて、うれしいなぁ~♪
東京だけじゃなくて名古屋の街路樹もこんな本になったらいいのに
車の排気ガスにも負けないで、青々と葉がしげり花を咲かせ、実まで実らせる街路樹たち。
街々で違う木が植わっているのも楽しみだしね。








本が届いて絵を見てるだけで喜んでいますが
また群馬さんが葉っぱたちからどんなお話を聞いたのか
ぼちぼちと耳を傾けるのが楽しみです




今日の夕焼けはきれいかったね~~~\(*^0^*)/



















関連記事


  1. 好きなもの
  2. | 16:33:00 | comment:2
<<海開き | top | ぼやく☆>>


comment


          


comment

うんうん、ピッコリちゃん、習ってたんだよね~♪
いっぺん見てみたかったなぁ~e-420
フランス語はOL時代にクセのある字のタイピングで苦労したよ~v-388
でもその人のクセがわかってからは間違いが少なくなって
ほめてもらってうれしかったなe-266
こんな風な名古屋の街路樹の本もあったらいいねぇ~♪
そしたら街路樹探検、しに行くのになv-448v-355
  1. 2008/01/16(Wed) 00:55:57 |
  2. URL |
  3. かりんぼ #O1PoGUa.
  4. [ 編集 ]

ボタニカルアート図鑑。。。

私も一冊だけ持ってるよ~。
昔、ピッコリちゃんがボタニカルアート習ってたよ
彼女の実家は陶器屋さんだったので
その図案を描く勉強の一環としてって言ってたなぁ~。
ピッコリちゃん、ああ見えて、なかなか絵は上手なんだよv-411

私の図鑑はなぜか、フランスのもので読めませんv-404

学生時代第二外国語はフランス語だったのに
全然わからんちんなのです(汗)

素敵な本に出会えてよかったね(^v^)
  1. 2008/01/15(Tue) 20:51:36 |
  2. URL |
  3. レイラ #MsivV4Ug
  4. [ 編集 ]

RSSちいたま屋RSS

カレンダー

プロフィール

☆かりんぼ

Author:☆かりんぼ

やること、考えることが
どうもしょぼいです。
いかん、いかんと思いつつ、ついついドツボにはまっていってしまうタイプみたいです。
自分ではよぉわからんの。ぷぷ

Camera Talk

トイデジ写真館

Camera Talk かりんぼのページへ

最近の記事

最近のコメント


プルダウンリスト






人文字時計

blogram

~かりんぼっくでいず~
なんでできてる?
ブログ成分を解析してます♪


blogram投票ボタン

ブログ内検索


メールフォーム







RSSフィード