FC2ブログ

~かりんぼっくでいず~

日々のつれづれ、想い出、できごと、そして大好きなお人形やグラスワークの話などなどを気ままにつづっていこうと思います。



8年ぶりの関東旅行-なみちゃんと鎌倉編1日目の2 :: 2016/08/14(Sun)


< 8年ぶりの関東旅行-なみちゃんと鎌倉編1日目の1 からのつづき >



憧れの桜貝も見つかって
長い間の念願かなったうれしい浜歩きのあとは
江ノ電・長谷駅の脇を通りながら北上して有名な鎌倉の大仏さまに会いに行きます。



アイコン カメラ Minolta-SRT101 アイコン カメラ HORIZON perfekt アイコン カメラ 3Dショットカム アイコン カメラ iPhone5s
Minolta SRT101   Horizon Perfekt     3Dショットカム        iPhone5s



実はわたし、鎌倉の大仏さまはずっと前に一度訪れたことがあるんです。
専門学校へ通っていたころだったか
就職してまもなくのころだったか忘れちゃったけど
いまは亡き父が単身赴任で東京暮らししていたころに遊びに行って
江ノ電に乗って鎌倉を案内してもらったことがあるんです。

季節はずれではあったけど、紫陽花で有名なお寺へも入ったと思うんですが
当時はスマホはもちろん、携帯電話もなかったし
土地勘もゼロで写真にもお寺巡りにもあまり興味がなかったので
どこをどう回ったのかぜんぜん覚えてないんです~(T^T)

子供のころはカンペキな父っ子だったわたしだけど
年頃になってからの父と2人だけでの電車の旅は
話す話題もあまりなく、なんとなく気詰まりな雰囲気で
でも父がせっかく来たわたしを楽しませてくれようとしているのは伝わってきて
いま思い返すともっといろいろ話をしながら興味を持って見て回れたら良かったのになぁと
いまさらながらのなんとも切ない想いが涌いてくる昔々の思い出の地です。

あの時、せっかく連れてってくれたのに 「大仏さんかぁ。。。」 くらいの気持ちで
父に申し訳なかったなぁという想いがずっとあったので
今回はなみちゃんと、あの時の分までゆっくり
心を込めて大仏さまとご対面してこようと思っていました。



なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 参道1

江ノ電・長谷駅から北へ延びる参道沿いには
昔ながらの古い商店が並んでいます
オバマ米大統領が子供のころ立ちよった店?
ほんとかな~??? 笑


レトロな写真屋さん♪
なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 参道2









なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 参道3



駐車場の片隅で営業していた月餅屋さん
珍しいのでなみちゃんとひとつづつ、お気に入りを買ってみました


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 参道4 月餅屋さん




わぁ~い、数十年ぶりな再会の鎌倉の大仏さまです~
(14:00ごろ)

なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 参道2 Horizon

なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま1

手乗り大仏さま


手水鉢に刻まれた碑文は寛延2年(1749年)のもの
いまからなんと267年も前です☆


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 手水鉢



創建764年。当時あった堂宇が大風や大地震で破損して以来
500年以上を露坐の大仏さまとして過ごされてきたようです。
故に荒廃がすすみ、いまのお姿は江戸中期に復興されたものとのこと。
長い長い年月、この地にあって人々の祈りを聞いてこられたのですね。。。

昔々の若かりしころ、父の案内で訪れてなにも思わず見上げていた自分に比べ
年月の経ったいまは、変わらず鎮座されている穏やかな大仏さまのお姿と共に
周りに集う修学旅行の子供たちや各国から訪れているたくさんの人たちの姿を
いろんな想いを巡らせながらしみじみと眺めている自分がいるのでした。

なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 正面

なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 蓮の花



3Dショットカムの写真は交差法で立体視できます
なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 3Dショットカム


お昼の時間はとっくに過ぎていたけど
朝のアルモリックさんのガレットでおなかが空かなかったので
参道で買った 華正楼の月餅 を、大仏さまのお膝元でお昼代わりにいただきました。

なみちゃんは黒餡の大月餅、わたしは木の実餡の伍仁(ごもく)月餅
どちらも大きくてずっしり重くて半分食べたら大満足なボリュームでした!


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 月餅1なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 月餅2






なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 月餅3



このあと、なみちゃんが大仏さんの胎内へも入れると教えてくれたので
一人20円 (安っ!) の拝観料を払って見せてもらってきました♪
大仏さま鋳造の秘密にも触れられます。


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観1狭い階段を昇って胎内へ…
中はまっくらと思いきや背中の窓が開き明かり取りになっていました


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観5










なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観6


なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観4なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観2










なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 胎内拝観7



なみちゃんと鎌倉編2 大仏さま 後ろ姿



朝、アルモリックさんを出てからずっと歩き通しだったので
大仏さまの足もとでは1時間あまりゆっくり過ごさせてもらいました。

家族それぞれにお守りもいただいて、次は 鎌倉文学館 へ向かいます



素材 イラスト ふたり



最初は長谷観音のバス停からバスに乗ろうと思ったんですが
ちょうどいい時間のバスがなかったのと
通りがかりのおばあちゃまに 「若いんだから歩けますよ」 とハッパかけられ(笑)
ほんとはかなり疲れが来てたけど 「よしっ☆」 と一念発起して
大仏さまから約1kmの道のりを、歩きましたとも


歩くといいこと。面白いもの見つけられること♪
全面に鎌倉の地図が描かれたシャッターや、レトロな牛乳屋さんを見つけました


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館へ シャッターの地図

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館へ レトロな牛乳屋さん

ここを曲がれば鎌倉文学館です!

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館へ 案内標識



~  鎌倉文学館  ~

旧前田侯爵家の別邸を鎌倉市が寄贈を受け、昭和60年(1985)以来文学館として活用しています。
国の登録有形文化財となっている格調と気品あふれる建物の中に
鎌倉ゆかりの文学者の展示を行ない、文学資料の収集保存など様々な活動をしています。
(鎌倉文学館HPより抜粋)




緑陰濃き石畳の道を上り、トンネルをくぐるとじきにレトロな洋館が見えてきます。
(16:00)

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館1

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館2 トンネル

トンネル前では写真を撮りあう若い女の子たちがいました。
ちょうど娘たちの年頃だったので微笑ましくて
なみちゃんとこっそり写真を撮らせてもらっちゃった♪
そしてのちのち思いがけないことが発覚するのです☆


目の前に現れたレトロな洋館が文学館です

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館3 文学館



この時期はちょうどバラが見頃の季節。
鎌倉文学館の前庭ではさまざまな種類のバラが育てられていて
今回の訪問はそれも大きなお目当てでした。

着いたのがもう夕方の4時。
閉館時間が5時なので大急ぎでまずはお庭のバラを見に行きました。


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館4 文学館とバラ



なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館15 バラ園11白とピンクの淡い色合い
小さな花ぶりがとても清楚な 『春の雪』


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館7 バラ園3










なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館6 バラ園2


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館5 バラ園1
なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館14 バラ園10


土地に因んだ名前の付いた 『かまくら小町』 は一重のミニバラです
真紅の花びらが開くと根元だけが白い可愛いバラでした


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館8 バラ園4  なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館9 バラ園5




なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館12 バラ園8




バラの他にも可愛い花たちが咲いていました♪


なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館10 バラ園6
シモツケソウのつぼみと花

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館11 バラ園7







なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館13 バラ園9



まだまだ写真を撮っていたかったけど閉館の時間が迫っていたので
急いで館内へ移動します。

バラ園から館へ続く芝のお庭で
楽しそうに写真を撮り合っている若い2人連れの女の子たちを見かけました。
この子たち、トンネルでも見かけた2人です!

薄暗くなってきたお庭で楽しげに軽やかにはしゃいでいる姿が微笑ましくて
なみちゃんとふたり、またまた思わず目を留めてしまっていたんですが
これがなんと、たまたま同じ日、同じ鎌倉にお友だちと旅行に来ていた
なみちゃんのお嬢さんだったことが後日わかってビックリ

なみちゃんとお嬢さん、2度も出くわして、こちらは写真まで撮っていたのに
お互いにぜんぜん気がつかなかったのだそうです~

こんな偶然があるんですね
旅程を確かめ合ったわけでもないのに偶然にも出会えていたなみちゃんとお嬢さん。
つねづね仲良し母娘さんだなぁ~と思っていたけれど
やっぱり絆がとっても深いのだなぁとつくづく感心して
これもまたとっても楽しい、ステキな思い出になりました





文学館では詩人の萩原朔太郎を取り上げた展示をしていたのですが
もう時間がなくて小走りで館内を見て回りました。
館内は撮影禁止なんだけど
せっかく行ったのでせめてお部屋の中だけでも見たかったの~

最後の最後に駆け込みでおみやげも買うことができて満足満足



なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館16 入り口

なみちゃんと鎌倉編2 鎌倉文学館17 おみやげ




文学館をあとにしてバスで鎌倉駅へ戻ります。
(17:18)


なみちゃんと鎌倉編2 バスに乗って鎌倉駅へ




なみちゃんのブログ: 「かりんぼちゃん~鎌倉の旅・長谷の大仏~鎌倉文学館」


< 8年ぶりの関東旅行-なみちゃんと鎌倉編1日目の3 へつづく>






関連記事


  1. お出かけ
  2. | 17:35:29 | comment:2
<<8年ぶりの関東旅行-なみちゃんと鎌倉編1日目の3 | top | 8年ぶりの関東旅行-なみちゃんと鎌倉編1日目の1>>


comment


          


comment

なみちゃん、こんにちは~(。^o^。 )ノe-266

この日はほんとうによく歩いたよね!!!
鎌倉で遊ぶのに江ノ電の出る幕なしな1日だったなんて笑っちゃいますね~(*^m^*)ぷぷぷ

浜歩きで江ノ電2駅分を歩いちゃったわけだけど
不思議と浜辺を歩いてるのは疲れないんだよね~。
「なにかないかな???」ってワクワクしながら歩いてるからかな?
浜辺がず~っと続いているのでまだまだどこまでも歩いていきたい気持ちがするくらいでしたv-398

でもほんとうにまる一日歩き通しだったので、わたしはなみちゃんが疲れてしまわないか心配だったんだけど
あのときは一緒に歩くのがほんとに楽しくて、きっとわたしたち思いっきりハイi-184i-184になってたのねv-18

なみちゃんと訪れた大仏さまは、わたしも今度こそしっかり心に刻まれましたe-266
楽しい思い出と共に、やり直しのチャンスをいただけてすごくうれしかったです~e-343

文学館での千滝ちゃんとの出会いはビックリ☆だったよねv-363
なみちゃん、きっとわたしの案内で一生懸命で気持ちがそっちへ向いてたからだよね!
でもなんだかわたしたちらしい出来事だなぁって
いつまでたっても うふふ って笑える忘れられない楽しい思い出になってます(*^_^*)

文学館、バラの花も建物もとてもきれいで写真もたくさん撮れてうれしかったけど
ひとりで訪ねたのではとてもこんな楽しい思い出にはならなかったと思います。
やっぱり一緒にいてくれたなみちゃんあってこそだったなぁ。。。と
あとになってからもますますその思いが募ってますv-398e-266
  1. 2016/09/15(Thu) 12:33:09 |
  2. URL |
  3. かりんぼ #O1PoGUa.
  4. [ 編集 ]

かりんぼちゃ~ん、こんにちは(*^O^*)

江ノ電の「のりおり君」を買おうなんて言ってたのに
この日は浜辺から長谷まで乗らずに歩いちゃったねぇ~!
後から かりんぼちゃんは疲れていたのに
大丈夫だったかなと心配になりましたv-356

長谷の大仏様、私も本当に久しぶりにお目にかかりました(*^-^*)
私も以前に行った時の記憶は曖昧で
ただ大きな大仏様だったなぁと思ったくらい・・・
でも、今回の大仏様はしっかりと心に刻まれた気がします。

その後の 鎌倉文学館までの道のりも
お話しながら歩いたらあっという間で
まさかの千滝たちとのすれ違いなんかもあったりして
まったく私らしい大ぼけな出来事でしたv-414

ちょっと時期は外れていたけれど
まだ咲いていてくれた薔薇の花もとても綺麗でv-254
薔薇園の中は甘い香りでいっぱいでしたね。
かりんぼちゃんは背が高いので薔薇の間から時々姿がみえたけれど
私は花に埋もれて見えなかったんじゃないかなぁ~(*^m^*)ぷぷ

子供の頃、学生の頃、大人になってからと
何回も訪れた鎌倉だけれど、行く度に新しい発見があって
かりんぼちゃんと過ごした一日がほんとうに楽しかったですv-407v-344
  1. 2016/09/14(Wed) 18:41:05 |
  2. URL |
  3. なみ #u5Hewm3c
  4. [ 編集 ]

RSSちいたま屋RSS

カレンダー

プロフィール

☆かりんぼ

Author:☆かりんぼ

やること、考えることが
どうもしょぼいです。
いかん、いかんと思いつつ、ついついドツボにはまっていってしまうタイプみたいです。
自分ではよぉわからんの。ぷぷ

Camera Talk

トイデジ写真館

Camera Talk かりんぼのページへ

最近の記事

最近のコメント


プルダウンリスト






人文字時計

blogram

~かりんぼっくでいず~
なんでできてる?
ブログ成分を解析してます♪


blogram投票ボタン

ブログ内検索


メールフォーム







RSSフィード